2013年 05月 01日

オールドレンズの魅力    ツァイステッサー鷹の目

鷹の目と称せられるこのレンズはなんと今から100年以上前の1903年にツァイス社で開発された3群4枚構成のレンズとのこと。。現代にいたるまで、このシンプル高性能なレンズ構成はレンズの設計に大きな影響を与えており、レンズ設計の一つの基準ともなっているそうです。。現代風に言えば'鷹の目'という格好のキャッチフレーズとともに低コスト高性能なパンケーキレンズとして広く普及したレンズと言えます。。

私の手にしたテッサーは1970年頃東ドイツのイエナツァイス製のテッサーですが果たしてその写りはどんなものか。。。現在このレンズに対しては「名ばかりのツァイスの駄作」といった酷評から、さすが'鷹の目'と言われるだけのことはあるとの愛好家の高評価までピンキリがあります。。モノクロを撮らせると鷹の目の威力を発揮するとの説もあります。。

それでは実際の写りをご覧ください。。。拙いスナップですので写真としての評価はご勘弁いただきます。。50mmレンズですがオリンパスマイクロ3/4に装着しましたので換算100mmとなります。。

小田原城常磐城門と近くの光景


a0085679_10573665.jpg
 
a0085679_1058662.jpg

如何でしょうか、物撮りには凄い威力を発揮しそうですね。。
a0085679_10582918.jpg

近接能力も高い。。
a0085679_10585796.jpg

a0085679_182434.jpg

a0085679_10592253.jpg

この白黒の対比をみるとモノクロで撮るとよい感じになる予感がします。。
a0085679_1102781.jpg

発色も独特な個性があるようです。。。。
a0085679_111716.jpg

a0085679_139146.jpg


a0085679_1113797.jpg

a0085679_1115950.jpg

この静まった感じの描写はこのレンズ只者ではないなと感じる。。
a0085679_717359.jpg


↓やはりフレアーには弱いようで、同アングルながらわずかに低く構えたぶんフレアーぽくなりました。。フードは必要のようですね。。
a0085679_1122457.jpg

a0085679_10562661.jpg
 
このあと箱根、湯本のスナップを載せます。。。

 尚ご参考までに、ツァイスの現代レンズは目の玉が飛び出るほどに高価ですが、オールドレンズのイエナツァイスは入門者の懐にやさしく、特にテッサーはお手頃価格です。。ミラーレスで利用できるようになってから人気がでてこのところ価格が高騰気味のようです。。
 

by engel777engel | 2013-05-01 11:20 | Comments(2)
Commented by miyatannaotan at 2013-05-01 23:42
今度はテッサーですか!! 完全にオールドレンズ沼に足を踏み入れられて
いらっしゃいますね^^  比較的コントラストの高いレンズだそうで
モノクロ写真も合うかもしれませんね。物撮りもよさすですが、人物を
撮影された写真たちも良い雰囲気が出ていると思いますよ!!
Commented by engel777engel at 2013-05-02 18:11
フレクトゴンに惚れ込んだ身としては、鷹の目も欲しくなり、ついヤオフクでポチってしまいました。。。
 発色のけいこう、隈取りの深さなどフレクトゴン同様、ツアイスの魅力をしっかり発揮するレンズと感じました。。。レンズ4枚というシンプルさから階調に劣る面がある反面、抜けのよさと高コントラストが指摘されておりますが、コントラストが高いのは間違いないようです。。しはらくテッサーの画を載せますが、おつきあいください。。


<< オールドレンズの魅力    ツ...      スナップ  通り道で   ツツ... >>