月読神社  参道沿いの柿の木

ここ麻生の月読神社には 伊勢神宮の別宮である月読宮の分霊「月夜見尊」が祭られています。。

 古事記によれば御祭神・神月夜見尊・つくよみのみことは伊邪那伎命(いざなぎのみこと)の右目を洗った際に生み成され、天照大神(おまてらすおおかみ)や須佐之男(すさのう)とともに 「三貴子(みはしらのうずのみこ、さんきし」と呼ばれています。 
a0085679_09364228.jpg

参道わきの柿の木
a0085679_09343096.jpg

月読神社の入口は鄙びた街中の横丁、幼稚園脇にあり参道が奥に続きます。。
a0085679_09332468.jpg



by engel777engel | 2016-10-07 10:08 | Comments(0)
<< 月読神社 紅葉柿の葉 >>