川越  時の鐘

川越の歴史

江戸時代には親藩・譜代の川越藩の城下町として栄えた都市で、「小江戸」(こえど)の別名を持つ。戦災や震災を免れたため歴史的な街並が残っており、市内の観光名所には年間約704万人もの観光客が訪れる観光都市。
 川越城を擁する川越藩は江戸幕府の北の守りであり、武蔵国一の大藩としての格式を誇り、酒井忠勝・堀田正盛・松平信綱・柳沢吉保など大老・老中クラスの重臣や御家門の越前松平家が配された。そのため、江戸時代から商工業や学問の盛んな城下町であり、今日でも多くの学校を有す文教都市とある。

川越の名所、時の鐘付近の賑わい。
a0085679_15535023.jpg

a0085679_15532122.jpg
丁度時を鳴らしているところでした。
a0085679_15552508.jpg

a0085679_15545867.jpg

a0085679_16033250.jpg

a0085679_15562638.jpg

a0085679_15570868.jpg

a0085679_16002158.jpg

a0085679_17380560.jpg


a0085679_17370958.jpg
昼はこの蕎麦屋さんの五段重ね二八蕎麦を食べる。もう一度食べたくなる美味しさでした。川越にお出かけの時はお勧めします。

a0085679_17364264.jpg

a0085679_17361805.jpg


a0085679_15595473.jpg

a0085679_15592819.jpg


by engel777engel | 2017-05-13 18:00 | Comments(0)
<< 川越城本丸御殿 川越散策 >>