2017年 05月 17日 ( 1 )

川越 菓子屋横丁

菓子屋横丁の歴史の始まりは明治の初頭。その当時2~3軒の菓子屋が、関東大震災で被害を受けた東京に代わり、駄菓子を製造供給するようになり、昭和初期には70軒ほどの業者が軒を連ねていたそうです。

現在は、10数軒の菓子屋が当時の面影を残しながら菓子屋横丁として残っています
a0085679_12203831.jpg

a0085679_11555791.jpg

a0085679_19143529.jpg

a0085679_19145394.jpg

a0085679_11564255.jpg
a0085679_11572425.jpg
a0085679_11574837.jpg

a0085679_11581084.jpg

a0085679_11595493.jpg

a0085679_11584240.jpg


ここからは菓子屋横丁とははずれたところの街中スナップです。

蔵造の街並みにある老舗の菓子屋さん。ここの芋菓子をおみやげに買ったが、絶品でした。
a0085679_12014282.jpg

a0085679_19173624.jpg

a0085679_19181935.jpg


a0085679_12025302.jpg

a0085679_11553194.jpg

a0085679_19153649.jpg

a0085679_12581325.jpg

a0085679_19162938.jpg

a0085679_12583489.jpg

a0085679_19282165.jpg

近代的なビルが立ち並ぶ川越駅前。。
a0085679_12043426.jpg

a0085679_12045472.jpg



by engel777engel | 2017-05-17 19:45 | Comments(2)