<   2009年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

伊勢神宮Ⅱ      ベットミドラーⅠ「THE DIVINE MISS M・」

2009年1月23日

内宮参詣

宇治橋 
五十鈴川に架けられた神宮の表玄関。見える鳥居は入り口。
修復中で入るときはこの橋を渡りましたが、帰りは仮設の橋を帰りました。写真は仮設の橋から撮影。
a0085679_19513075.jpg

宇治橋から神宮をのぞむ。。
この鳥居は内宮旧御正殿の棟持柱をリサイクルしているそうです。
a0085679_9212317.jpg

参拝する前に心身をここで清める。。。
五十鈴川お手洗い場
a0085679_12192510.jpg

↓樹齢数百年の大樹たち。。。
a0085679_19523937.jpg

a0085679_19525764.jpg

a0085679_19531555.jpg

内宮
a0085679_1954795.jpg


a0085679_1957960.jpg

↓二十年に一度行われる遷宮について記されています。
この表示板の上手、画面の端に板囲いがみえますが、ここに現在の内宮と同じ敷地が隣接して用意されています。平成二十五年に遷宮があり一年間は新旧二つの宮が併設されることになるそうです。費用はなんと550億とか。。また200年がかりの壮大な杉、檜の植林計画が実施されているそうです。
a0085679_1955451.jpg

a0085679_19555925.jpg

a0085679_21413541.jpg

お気に入りの一枚のCD
ベット・ミドラー 「ベット・ミドラー・デビュー THE DIVINE MISS M・」
(Bette Midler, 1945年12月1日生まれ)
アメリカ合衆国 ハワイ州ホノルル出身 歌手・女優
歌手としてこれまでにグラミー賞を計4度受賞している他、シリアスもコメディもこなせる女優としても活躍。
エミー賞、ゴールデングローブ賞もそれぞれ数度に渡って受賞しており、現在もラスベガスでのショーで多くのファンを魅了しているそうです。
1972年27歳でレコード・デビュー、早くもこの1stアルバム"THE DIVINE MISS M"でグラミー賞の最優秀新人賞を獲得。
a0085679_218217.jpg


持っているLP、CDといえば殆どクラシックであった私がアメリカの女流スィンガーを熱心に聴き始める契機となった記念すべきCDです。
この盤を聴けばベットミドラーがどういう歌手かすぐわかるような気がします。姉御肌のハスキーボイス、ドスのきいた歌い方、ハートフルな歌唱、一度聴けば虜になる魅力があります。

Moreおかげ横丁
by engel777engel | 2009-01-28 21:34 | 音楽の散歩道 | Comments(6)

伊勢神宮初詣      ポリーニⅡ「ベートーベンPソナタ32番。。」

2009年1月22日

一月も下旬となりましたが、伊勢神宮初詣に行ってきました。
樹齢数百年の杉木立に囲まれまさに神域ともいえる場所にあるこの神社の格式には驚かされるものがあります。。。。。
伊勢神宮は正式には「神宮」と呼ばれ、内宮(皇大神宮)と外宮(豊受大神宮)のほか、14の別宮、摂社・末社など125社で成り立っていてその規模も壮大なものがあります。。
その歴史は内宮が現在の伊勢の地にお祀りされて2000年が過たといいますから日本の起源と共にある神社とも言えそうです。。

一日目外宮から。。

先ずは手水舎にて手と口を漱ぐ。
a0085679_205163.jpg

↑この写真雨で光量が足りず盛大な振れおこしてますが、むしろ雰囲気と積極的に採用。。

撮影が制限されていて遠めからです。。
a0085679_2002531.jpg

a0085679_2024112.jpg

外宮のうち一般の参詣が許される場所、この奥の外宮の社は遠くからの撮影すら禁止になっています。
a0085679_1959522.jpg


a0085679_2032176.jpg


a0085679_12144868.jpg

雰囲気のある木でした。
a0085679_2053196.jpg

↑撮っている時は気が付かず大分手振れしていますが、外宮のこの大杉の写真これしかなかったもので。。

お気に入りの一枚のCD
ポリーニ「ベートーベン後期ピアノソナタ集28番~32番」
1975年~1977年の演奏
33歳~35歳時、ベートーべンのソナタを後期ソナタから録音を始める。現在67歳、ソナタ全曲を後数曲を残すところまできていますが後期ソナタから始めたにはポリーニの強い意図を感じます。。
a0085679_21484275.jpg

この演奏については評価がわかれていて、ショパンのエチュードを大絶賛する人がそれほどにはこの演奏をかわないと聞きます。演奏の深みにかける、できれば今再録音をということであるらしいですが。。
私にとっては32番におけるポリーニのどこまで高まるのかと思われる高揚感に満ちた演奏は若きポリーニのみが残しえた唯一無二のものとして、とっておきの一枚となっています。。
by engel777engel | 2009-01-25 22:09 | 音楽の散歩道 | Comments(4)

白梅・梅の蕾と朝露の雫    ポリーニⅠ「ショパン 12の練習曲。。。」

2009年1月16日

凍り付いた雫が朝日を浴びて溶け始めているようです。。
a0085679_17192335.jpg

梅の紅い蕾に氷の雫が光って。。。
a0085679_16314650.jpg


a0085679_1782211.jpg

a0085679_16322028.jpg

a0085679_16324778.jpg


お気に入りの一枚のCD
マウリツィオ・ポリーニ ショパン「12の練習曲作品10&作品25」

Maurizio Pollini, 1942年1月5日 - はイタリアのミラノ出身
1960年、18歳で第6回ショパン国際ピアノコンクールに優勝したがその直後から10年近く表だった演奏活動から遠ざかる、音楽研鑽のためともいわれているが1968年、演奏活動に復帰、高い芸術性と透徹したピアニズムにより、ピアノ界にポリーニ旋風をまきおこす。。
日本文化への関心が高く何度も来日している。紫式部の源氏物語のファンでもあり、黒澤明の映画、武満徹の音楽も好むといいいます。
研ぎ澄まされたピアニズム、「完璧すぎる」とされる演奏ゆえに、賞賛の一方で技巧的で冷たい・深みがないと批判的にみる向きもありますが、今回とりあげるポリーニの演奏を聞いて皆様はどう感じられるでしょうか。

このショパンのエチュードの演奏によりポリーニの名は世界に知れ渡ることになりました。その意味で彼の記念碑ともいえる演奏です。。。
1972年ポリーニ30歳の演奏。。
a0085679_16435883.jpg


私とポリーニとの最初の出あいの曲です。発売当時感激して何度も聴いたものですが、今改めて聴きなおしてみて、ショパンのエチュードという曲とそのポリーニの演奏の素晴らしさに再び圧倒されています。
by engel777engel | 2009-01-16 16:47 | 音楽の散歩道 | Comments(6)

霜柱  グレン・グールドⅡ「ゴールドベルク変奏曲

2009年1月13日

朝の冷え込みも厳しくなつてきました。。
a0085679_16201282.jpg

a0085679_16203825.jpg

a0085679_16205191.jpg

a0085679_1622981.jpg

a0085679_16222580.jpg

お気に入りの一枚のCD
グレン・グールド「ゴールドベルク変奏曲」
55年のデビュー時の録音と81年50歳で亡くなる前の年の録音の二つの演奏があり、どちらの演奏もアマチュアの音楽好きからからプロにいたる幅広い層から神がかり的といっていいぐらいの賛辞がよせられています。
55年音楽界に衝撃を与えたデビュー作
a0085679_1626342.jpg

81年のデジタル再録音
a0085679_1628711.jpg

一枚目など音楽を志す人、ピアニストを目指す人がこの演奏を聞けば、あまりの衝撃にきっと息を呑み肝をひやすのではないかと思わせる演奏です。。
by engel777engel | 2009-01-13 16:20 | 音楽の散歩道 | Comments(6)

梅の開花  グレングールドⅠ「バッハ平均律クラヴィーア曲集。。」

2009年1月9日

紅梅が二輪開花しました。
a0085679_200589.jpg

水仙も咲きはじめています。
左後方にみえる梅ノ木に↑の梅が開花していました。。
a0085679_2004569.jpg


お気に入りの一枚のCD
グレングールド 「バッハ平均クラヴィーア曲集第1巻、2巻」

1932年カナダのトロントに生まれる~1982没50歳。
 今や、グレングールドは神格化されたといってもいいぐらいのピアニストですが、以下にその略歴と音楽界の評価の一つを記しておきます。
 。。1955年 アメリカでの初演奏を行い、ワシントン・ポスト誌に「いかなる時代にも彼のようなピアニストを知らない」と高い評価が掲載された。デビュー以来、グールドは、活動の基盤を、バッハにおいていた。デビュー作「ゴールドベルク変奏曲」の録音では、ピアノの豊かな音色と個性的な奏法によりそれまでの古典的なハープシコードによるバッハ演奏とは異なる軽やかで躍動感あふれる演奏を実現した。発表当時の評価は大きく分かれたが、その後、ピアニストに限らず多くの音楽家に与えたインパクトは絶大なものがある。。。。と
 
a0085679_203284.jpg

リヒテルが「バッハの最も偉大な演奏者」と評し、あのポリーニが何故バッハを弾かないかと問われて、バッハにはグレングールドがいると言わしめたピアニストでもあります。。
 ここで私のお気に入りの一枚として取り上げるのは「バッハ平均クラヴィーア曲集第1巻」です。私のグールドとの出あいがこの曲集であり、その最初の受けた感動は時を経て今でもかわらず、聞くたびに感動を新たにします。
by engel777engel | 2009-01-09 20:07 | 音楽の散歩道 | Comments(6)

2009年よい年でありますように。。 上原彩子Ⅰ「チャイコフスキーPコンチェルト。。」

2009年1月5日

第85回箱根駅伝。。

今年は一年生が大変な活躍でした。
箱根の山登りで区間新記録をだした東洋大柏原選手の走りは圧巻、山の神といわれた昨年の今井選手の記録を軽々と更新してしまいました。
a0085679_10545064.jpg


a0085679_2258087.jpg

往路箱根ユネッサン前で一位通過の早稲田
a0085679_2245593.jpg

往路優勝・総合優勝の東洋大、この時点では3位
a0085679_22472929.jpg

区間新記録をだし総合優勝に貢献した大会MVPの東洋大柏原選手
惜しくも先導の白バイの陰になりヨリの写真撮れませんでした。。
a0085679_2250093.jpg

早稲田三輪選手
a0085679_2246294.jpg

東海大河野選手、拓大谷川選手
a0085679_22515630.jpg

駒大星選手
a0085679_2252840.jpg

専修大五十嵐選手
a0085679_236258.jpg

a0085679_2302532.jpg

↑で取り上げた選手は総合優勝一位、二位の東洋大柏原、早稲田三輪選手以外は力走振りと雰囲気がうまく写真に収まった選手ということで他意はありません。

お気に入りの一枚のCD
上原彩子 「チャイコフスキー/ピアノコンチェルト ムソルグスキー/展覧会の絵」
1980年生 2002年第12回チャイコフスキー国際コンクールピアノ部門で優勝。
2005年25歳頃の演奏
a0085679_23291477.jpg

両曲には定評のある大家の演奏がいくつもありますが、実に新鮮な感覚を与えてくれる演奏です。私にとって、この人の紡ぐピアノの音色・音の調べには聴いた瞬間に惹き込まれてしまう魅力があります。まだCDのリリースは少ないですが、世界に羽ばたく日本のピアニストとして大変楽しみな逸材ではないでしょうか。。
by engel777engel | 2009-01-06 00:11 | 箱根駅伝 | Comments(6)